高齢者や食事制限をしている方の食事は宅配食にしたほうが良い


体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で言えば30~40gに相当します。ご飯を元にして得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が入っています。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行なわれた末に尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)量と関係しているといわれます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減る理由です。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。嚥下障害を患う方にお薦めしたい、低たんぱくの介護食品があります。ご飯管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が悪化すれば、より厳しくご飯を制限しないといけません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしてください。嚥下障害に罹ると肺の内部にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)になったりということがおこります。そのためご飯療法では、適正な食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける必要があります。嚥下障害を発症した方のおこなうご飯療法の趣意は、嚥下障害の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析が必要ない保存期の間は、ご飯療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、透析をはじめても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は必要不可欠です。嚥下障害に罹ってもご飯療法を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、嚥下障害の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手にいった場合、嚥下障害はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はないのです。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。嚥下障害が凄かったり尿があまり出ない時は、食材の硬さと水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。嚥下障害の程度が軽かったり存在しないのであれば食材の硬さ制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしてください。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みてください。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>まごころケア食