腎臓病食を毎日作るのはとても大変なので宅配がおすすめです


体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。慢性腎臓病時の食事療法・食事制限の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を症状進行させない事と、健康状態の維持になります。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。また、人工透析導入後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法・食事制限は重要不可欠です。慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の病理制限のみ行う事となります。この場合の水分病理制限は病気の状態や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行う事は危険です。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きちんと搾る事で効果は高まります。腎臓病の人のためにたんぱく質の控えめな調整食が存在します。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー病理制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。腎臓病でも食事療法・食事制限が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。優れた効き目が出た際には、慢性腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。食事療法・食事制限は難しいと思われがちですが、決して病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が重要です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、重要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含まれます。
続きはこちら⇒腎臓病食 宅配