日本人の5人に1人は糖尿病の予備軍だ!


日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「何と無く食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、さまざまな体調の変化が顕れてきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかも知れません。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられる食品は数多くあります。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というりゆうではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけないことなのです。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の特徴を付け足し、食事のリズムと機能性との関係について研究する新しい分野です。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。沿うした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満足したりするからです。しごとで時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてちょうだい。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。その食品交換表で私立ちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量を1単位80kcalとしてけい載しています。食品交換表を活用することで、日々の献立づくりの幅が広がります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、食事は少なめにすることが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そして食事は半分のこしましょう」と、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。はじめは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、病状の継続・悪化につながりゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日における食品との交換は20単位となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」にはけい載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてちょうだい。人は歳と供にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食後は特別、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。併せて、食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手に働かなくなり、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、病気に縛られない普段の生活や実り多き時間を過ごすことです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒糖尿病 食事 宅配