腎臓病になると頻尿に悩むことになる


肉や魚その他卵や豆腐はとってもな量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものには意外にたんぱく質が多くふくまれています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質がふくまれているりゆうです。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。加えて、透析を始めても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必須なのです。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血液の濾過作用がうまく行われず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内へと送りつづける必要があるでしょう。食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、全く摂らないりゆうにはいけません。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー量にも制限が生じます。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしてください。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分のみでなく水分の調整も求められます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体がもつすべての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分制限だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めてください。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)があります。糖質や脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、少なからず腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなっているのです。腎臓病でも食事療法が適切だったら、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。非常にうまくいくと、腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から作り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)と密接に関わってきます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が飛躍しますから、クレアチニン値が低くなります。カリウムは水溶性の成分であるため野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)・芋類を含んだ食事をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いてください。茹でる事で無くせるカリウムの値は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。あわせて読むとおすすめ>>>>>腎臓病頻尿