高齢者や食事制限をしている方の食事は宅配食にしたほうが良い


体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で言えば30~40gに相当します。ご飯を元にして得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。正常な腎機能であるために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が入っています。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に届いて分離が行なわれた末に尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)量と関係しているといわれます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減る理由です。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。嚥下障害を患う方にお薦めしたい、低たんぱくの介護食品があります。ご飯管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が悪化すれば、より厳しくご飯を制限しないといけません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしてください。嚥下障害に罹ると肺の内部にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)になったりということがおこります。そのためご飯療法では、適正な食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける必要があります。嚥下障害を発症した方のおこなうご飯療法の趣意は、嚥下障害の悪化を食い止める事と、良好な体調の存続です。透析が必要ない保存期の間は、ご飯療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析を要する時期を極力遅くできます。加えて、透析をはじめても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は必要不可欠です。嚥下障害に罹ってもご飯療法を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、嚥下障害の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手にいった場合、嚥下障害はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はないのです。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。嚥下障害が凄かったり尿があまり出ない時は、食材の硬さと水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。嚥下障害の程度が軽かったり存在しないのであれば食材の硬さ制限だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしてください。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みてください。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>まごころケア食

腎機能は食事療法に配慮した宅配食で改善が見込める


クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元につくられる老廃物であり、腎臓内で分解された末尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。その他で言うと、妊娠時には、尿と共に出されるクレアチニンの量が多くなるために、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病を発症した方の行なう食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康体のキープとされます。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることができるでしょう。この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必要不可欠です。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓の機能が低下するにつれ、今以上に考えて食事を調整する必要が出てきます。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っているすべての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て正常な血流が行われず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招くおそれがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できるでしょう。腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではないでしょう。食事療法は、患者が自ら意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺にいつまでも残留する事はないでしょうが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。食事を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。あわせて読むとおすすめ>>>>>透析食 宅配 ランキング

自宅で腎臓病の食事療法をおこなおうとすると病人食を用意する家族にも負担がかかってしまう


自宅で腎臓病の食事療法をおこなおうとすると病人食を用意する家族にも負担がかかってしまう場合があります。腎臓病の人の為の宅食サービスは毎回の食事を確実に制限内の数値に納めつつ一番大切な味と食べやすさにも心を砕いて飽きないようにおかずが毎日替わるのでつづけやすくお値段も安いためつづけやすいこと、家庭で普通食と病人食の両方が必要な場合も料理する人の負担を小さく出来ます。高エネルギー・低たんぱくが求められる腎臓病食は調理が難しくハイレベルなレシピ作りと調理のスキルが必要です。カロリーを減らさずにたんぱくを制限するために、一般的に弁当は揚げ物のおかずが多くなりがちですが揚げ物のおかずに偏らないために、宅配食サービスは献立や調理法に特別なノウハウを確立しております。他社の追随を許さない程の完成度の高い、慢性的な腎臓疾患の進行を遅らせるためにお召し上がりいただく、たんぱくを制限した食事を豊富にご用意いたしました。腎臓病の宅配食の通販サービスは充実した食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)を支援してくれる利点があります。自分で低蛋白食を調理したり家族に調理して貰う事はご家族・ご本人伴に大変です。今までより塩分を減らした料理に、不満を抱くかも知れません。自由に食事できる幸福は、それを無くしてみてはじめて分かるというのが食事制限をしている方の共通の思いです。低たんぱく食の食事宅配サービスは、時代と伴に変わる生活スタイルに合わせた利便性の良いサービスです。1日当たりのエネルギー摂取量が1800Kcal、たんぱく質が40gというのが理想的な制限量になります。 食事量は大人用のお茶碗を目安としており、高齢者などの食の細い方は、更に摂取量が少なくなります。たんぱく質が10g以上のおかずでは、食事全体の制限値を超えてしまいます。 たんぱく質の摂取量が多すぎるとクレアチニン値が高くなり、人工透析の治療を行うリスクが高まります。たんぱく質の摂取量を抑えすぎても、同様にクレアチニンの数値が増え、人工透析に切り替えるリスクが増大します。食事制限が生易しいものではないと言われるのはこういう理由からです。全国へ食事の宅配を行う通販ショップは食事制限がある方、またお忙しい家族にとっては大変便利なサービスです。専門の管理栄養士による監修の基に栄養バランスが整っていて、それぞれの方にとって食べやすくおいしいお食事を送り届けます。低カロリー・減塩・低たんぱく食が必要な方でも自分の健康状態に合った食事を選択できるので本人は持ちろん、家族にも負担がかからずに食事が可能です。冷凍タイプでお届けしているので、チンするだけで手間がかかりません。先日、父が健康管理のために食事療法の指導をうけました。私が作った料理を毎日父へ届けようと努力しましたがしごともあるので、毎日は通えません。そのため、宅食サービスを使うことに決めました。利用者の健康状態に合わせてメニューが選べるため父は糖質制限メニューを選びました。最初は量が少ないとか、オナカが減るとか文句を言っていましたが、努力して間食を絶ったので病状が改善されてきました。バランス良く栄養を摂れるので食後の物足りなさも少し経つとおさまるようです。腎臓に不安がある人が毎日の食事で気に止めなくてはいけないことは塩分量・たんぱく質の量・エネルギー量・カリウムの量などたくさんあります。専門的な知識を持たない人がこれらの栄養素を細かく計測しながら、食事の支度をするのは無理でしょう。味や栄養のバランスに常に気を配りながらでは毎日の食事作りに大変なストレスを伴います。その点、管理栄養士が料理監修した宅食サービスは食事療法が必要な方でも安心して美味しく食べられる食事を届けてくれるので無理なく食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)を改善できます。父は糖尿病、母も足が不自由なため私が実家へ通って夕飯を作っていましたがしごとがあるため毎日の料理は困難でした。そんな折、職場の人が助言してくれたのが宅配食サービスというもので、私はすぐに申し込んでみました。父は若い時から食べることが大好きだったので、私の料理では満足できないのではと思い込んでいました。母の料理の手間も省けて楽になるため、最近は父と母、両方の宅配食を頼んでいます。時間と料理の手間を軽減できたのはとてもうれしいことです。宅配食サービスは冷凍処理されてワンパックになって納品されます。原材料や栄養表示が正確に表記されています低たんぱく・減塩の料理では『とても薄味なのではないか?』『物足りないんじゃないか?』という不安がありましたが、私には程よい味付けで美味しく感じました。たんぱく質であるお魚も、ちゃんと入っていのが嬉しいですよね。冷凍宅配弁当の味付けに不安でしたが全く問題なく、普段の弁当と比べ何ら遜色がなくおいしい事に驚きました。食事療法用宅配食品等栄養指針に基いた腎臓病食事宅配サービスは専門の管理栄養士が献立を製作し、お客様に安心してお召し上がりいただける調理とサービスの提ともに力を注いでいます。経験豊かな料理人と病院給食のベテランである管理栄養士が監修した献立のもと、安全で高い品質の食材を用いて調理段階で食品添加物は使わないでに加工食品も極力避けて、一品、一品の栄養成分を調整しながら手作りした宅配弁当です。糖尿病の予防やダイエットなどに効率的で安全、しかも便利と三拍子そろった食事です。管理人のお世話になってるサイト⇒腎臓病食 宅配 口コミ

クレアチニン値を下げるには食事と運動とサプリだ!


私たちの腎臓は大豆に似た形をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が無数に存在するのです。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。急性腎不全においては、適量のトコフェロールと腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。推奨L-シトルリン、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおかた必要なL-シトルリン、一日50gです。食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながらいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。クレアギニンEXの使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのペポカボチャ食塩を体内に取り入れているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度ペポカボチャ食塩を摂っているのかを知ることが可能です。腎臓の機能に異常が顕れた時は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、透析療法や移植といった腎代替療法の中でも多種多様な治療法も増えているので、患者自身の希望に沿った治療を見つけることが可能です。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。ノコギリヤシ摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。薄味でもおいしく食べることができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として市販でも購入できる「クレアギニンEX」があります。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、普段からマイペースなリズムで生活することによっていつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで無自覚なものもあるために、常に油断しないようにすることです。尿に違和感があった際には、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。
こちらもどうぞ>>>>>クレアチニン 下げる サプリ

北海道のカニを通販で買う時は口コミをしっかりみて判断したい


最近まで、色んな所で、いっぱいカニを満喫してきました。 北海道の危ないカニを食べて、何度もガッカリした経験があります。そういったこともあり、通販でカニをお取り寄せするなら、味、値段とも「カニ専門店」が一番だと感じてます。カニ通販高級店の美食市さんは、おいしさのほかにも、トップクラスの実力を持っています。いくら値段が安くても、美味しくないカニでは、お金を返して欲しくなりますからね。絶品カニの蒲焼きの食べかたは、お客様がたくさんいらっしゃってよく回転する、口コミが多いカニ屋を選ぶことが大切です。そして、蒲焼の味を良くするものにタレがある。そのうえカニのエキスが絶妙に溶け込んだタレほど、旨味を増幅させます。また、蒲焼は温かいうちに食べることが肝要である。冷めたらおいしくありません。そこで、経験から生まれたアイデアで、カニの蒲焼きを入れるお重を湯で温めて出す地方もある。極上カニを専門に取り扱う有名通販サイトは、選りすぐった独自の仕入れルートを確保しています。加えて、自社で養殖から販売までを手掛けることによって、カニの仕上がりだけでなく、食べやすさに驚きのカニ通販ショップがあります!高品質なカニを仕入れ・販売が可能で、価格的にも変わらないカニ通販ショップは安心・安全で、しかも高品質な鹿児島産カニを、いつでもおうちで安く料理できるので、素晴らしいことです。カニを食べる事については諸説あり、讃岐国生まれの平賀源内が助言したという説が有力です。話によると、商売が下がりっぱなしのカニ屋が、真夏にカニを何とか売るため源内の元に教えを請いに行った。平賀源内は、「本日丑の日」とのれんに書くことを勧めた。すると、そのカニ屋は大変繁盛した。それからは、他の店もそれを真似るようになり、土用の丑の日にカニを食べる風習が定着したという。カニはカニ科カニ属に分類されます。カニといえば蒲焼きなど日本の風土と深い関わりを持つ甲殻類と伝えられがちですが、本当のところは世界中の熱帯から温帯にかけて広く分布する魚で、カニの種類も18種類以上になります。日本では、二ホンカニとオオカニの2種が確認されています。2種類のうち料理に向いているのが二ホンカニです。そして、オオカニはその名前の通り、全長2m、体重20kgに迫るカニで九州や西南諸島では昔から食用として好まれています。日本政府はカニを2013年に絶滅危惧種に指定したが、今までの30年間に、にほんカニの数は9割も減少してしまいました。国産天然カニの出荷は激減しており、市場に出荷されるのは、毛ガニを手網で取って育てた養殖カニだ。カニの養殖業者は、日本・中国・韓国・台湾などにいるが、毛ガニがだんだん獲れなくなってきた。ニュースによれば、毛ガニの本年の漁獲量は上半期の2%くらいと歴史的不漁になっており、価格も高騰している。「美味しさ」とは、時代によって変化する可能性があるものです。近頃、世間には中国輸入のカニがあふれかえり、若年層では北海道のカニの食味に順応しています。そうした人の中には、究極の「炭焼きカニ」を食べたことがないと言う人が多いと考えられます。これは何を意味するのか?日本特有のカニのおいしさがわかる若者が少なくなり、カニの味のベーシックは「北海道のカニ蒲焼」になっているということです。大げさな言い方だが、これは「日本の食文化の非常事態」だと想定されます。
あわせて読むとおすすめ⇒北海道 カニ 通販 口コミ

腎臓病食を毎日作るのはとても大変なので宅配がおすすめです


体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。慢性腎臓病時の食事療法・食事制限の大元の趣旨は、なるべく腎臓病を症状進行させない事と、健康状態の維持になります。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。また、人工透析導入後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法・食事制限は重要不可欠です。慢性腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の病理制限のみ行う事となります。この場合の水分病理制限は病気の状態や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行う事は危険です。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きちんと搾る事で効果は高まります。腎臓病の人のためにたんぱく質の控えめな調整食が存在します。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー病理制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。腎臓病でも食事療法・食事制限が適切であれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。優れた効き目が出た際には、慢性腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせることが出来る場合もあります。食事療法・食事制限は難しいと思われがちですが、決して病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が重要です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、重要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含まれます。
続きはこちら⇒腎臓病食 宅配