クレアチニンを下げるには食事療法を厳守

クレアチニンを下げるには

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と一緒に体外へ出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が落ちてくると、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの度量が多くなるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。クレアチニンを下げるには食事療法を厳守すれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。おもったよりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能なのです。食事療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言うことではありません。食事療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。腎臓病を患った方が行なう食事療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品自体がもつ全ての水分と考えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。食事によって獲得したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送りつづける必要があるのです。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となるでしょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。オヤツは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個と同量くらいのたんぱく質が入っています。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。こうした製品を上手に活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓の機能が落ちていく程、今以上に考えて食事を調整する必要が出てきます。その他に、糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。